古田は男をあげてるけど

ヤクルトの、そしてプロ野球選手会会長の古田君、とても
男を上げていますねえ。
(やっぱり、愚妻は男を育てるんでしょうか)

けれど、結局オーナー側は二枚舌みたいだし、ダメかもねえ。
法廷闘争は、たぶん選手会側に不利だし。
公正取引委員会が、飛び道具的に使えるのかなあ。でも、
あくまで「球団参入の障壁」の部分だけで、あまり期待できない。

ファンの声...オーナーたちには聞こえてないよね。結局、
Jリーグとは逆に、「企業の傘下の野球チーム」という構造を
変えなかったことが、最後に効いてきてしまうのかな?なんて
思います。
それにしても、
合併は議題にのぼるけど、売却が議題にならない、って絶対
異常ですよね。どうかしてる。オリックス以降、日本のプロ
野球になにかあったのかな?

私は全然野球ファンではありませんが、
多くの人が野球を好きなこと、スポーツが素晴らしい文化で
あることはよく理解しているつもりです。
オーナーたちの愚かな縮小均衡政策にストップをかけて、
うまく立て直して欲しいなあ、と強く願います。
[PR]
by izagon | 2004-09-11 13:43 | 日記


<< 『シャーロック・ホームズの事件簿』 慧眼 >>