トラックバック

トラックバックを、ただとにかく読者を自分のWeblogに誘導する
ために使う例が増えているように感じるのは私だけでしょうか?

もともとトラックバックは、トラックバック元記事にインスパイア
されて意見を書いたり、賛意を表明したり、異論・反論を述べるために
使うものだと思うのですが、私のWeblogからトラックバックした
記事を眺めると、どうもそういう感じはしません。
大量のWeblogから、同じ問題(たとえばプロ野球の合併問題)を
取り上げた記事を集めてきて、一括してトラックバックしている
のなんかは、「誘導しているだけじゃない?」という印象が
拭えません。


私などはそうまでして読者数を集めなくてもいいのじゃないかと
思うのですがね。
[PR]
by izagon | 2004-09-13 11:19 | 沈思黙考


<< やれやれ うぉー膝痛いよー >>