頭から離れないのでここに書いて捨ててしまいます

どうでもいいことなので、こんなところに書かなくてもいいのですが、
昨夜から繰り返し頭に想起されてくるので、ここに書き捨てて
しまいたいと思います。


私が最近参加するバスケチームについて。

技術的に「なかなかうまいなあ」と思う人は、二人しかいません。
どちらも女性です。一方はガードで、まあまあ視野が広く、パスも
きちんと出せるところがいいですね。もう一方はパワーフォワードで、
インサイドのステップがわりと上手にできるのと、ミドルシュートが
打てるところがいい。
ただ残念ながら、二人とも体力的にはだいぶ貧弱です。現役の頃は
なかなかのものだったんでしょうが・・・(そもそも、私くらいの
サイズの男子と一緒にプレーするっていうのが無理なのかも)。

体力的に「これはかなわねえなあ」と思う人が一人います。
男性で、とんでもない跳躍力を持っていますが、もともとバレーボールを
やっていた人なので、技術的には見るところがありません。最初は
その跳躍力に圧倒されましたが、彼のジャンプがバレーボールの
スパイクのジャンプであることに気付いて以来、コントロールできる
ようになりました。踏み込みできないように早いタイミングで身体を
寄せてしまえば、彼は飛べないのです。

他の人たちは、パスをきちんとキャッチできなかったり、ピポットを
踏めなかったりというレベルですね。

ちょっとアドバイスしたり、練習メニューを考えてあげたいな、
なんて思ったりもするのですが、きっと彼らはそんなことを期待
してないんですよね。楽しく体を動かせればいいんだろうなあ。
余計なお世話はしないように気をつけないといけませんよ。


そんなことを思いながらバスケをしております。
[PR]
by izagon | 2004-09-13 13:12 | 日記


<< 退屈 『生産管理・原価管理システムの... >>