アフォ社長

うちの会社は一応「ITコンサルティング」も業務の一つに
していて、それなりに実績はあるらしいのですが、
社長が(社長自身が思っているほど)
ITを理解してないのがダメなところです。

厄介なのは、分かっているつもりでダメな指示を
平気ですることですね。

あんなことを客先でしゃべって、化けの皮はがされたら
どうするのかなあ、と若干心配です。


「今日の場合」は以下のとおりです。

1. うちの会社の、ある共用のメールアドレスから、
ウィルス付きメールが飛ぶようになった
(info@hogeとかsales@fooとかmanager@barとか、
どこの会社でもあると思います)。

2. アドレスのユーザー部が、一般的な英単語を
使っていた。

3. そこで社長の鶴の一声。
「これから一般的な英単語を使ったメールアドレスの使用禁止!」


(最近のウィルスって、ディクショナリアタックしてるんだぁ・・・)
ってそんなワケぁねーだろ!
・・・とえらい人が誰も突っ込みを入れないんですよね。
ほんとにダメな会社だなあ、と思います。

仕方ないので私が突っ込みを入れようかと思いはじめてますが、
直接社長に言うと面倒だから、上司に相談してみようかなあ。
[PR]
by izagon | 2004-03-26 12:49 | 日記


<< 金の亡者 朝食とお弁当 >>