副産物/信頼性

プロ野球、選手会によるストで分かったことが2つあります。

まず、江川、宮本、水野など、日本テレビから解説の仕事をもらっている
元プロ野球選手たちが、信頼に値しないということです。
彼らは、テレビで雇い主の意向を反映したと思われる見解を話しました。
「雇い主の意向ではない、自身の考えだ」と言うかもしれませんが、
彼ら3人の主張はほとんど違いが無く、彼ら自身の経歴や立場を反映した
発言はありませんでした(特に江川など、ドラフト制度の根幹に関わる
立場だったのに、それに触れることは無いです)。
これでは信頼に値する評論家とは言えません。

次に、その雇い主であるところの、日本テレビ、読売新聞が、信頼に値しない
ということです。彼らは明らかに関連企業の意向、利益を擁護する論調を
打ち出しました。信頼に値しません。むしろ軽蔑に値するというものです。
私は規制緩和論に対して同情的な立場を取るものですが、報道機関/
メディア企業の他業種参入、資本参加を規制したほうがいいのでは
ないか、とさえ思ってしまいました。
[PR]
by izagon | 2004-09-20 07:50 | 沈思黙考


<< 『嘘つき大統領のデタラメ経済』 鍋 >>