相対主義に安住してください

情報の氾濫は、相対主義に安住する怠惰な若者を
生み出したのでしょうね。


仮に、

「環境保護団体グリーンピースは、石油メジャーから
お金をもらって原発反対運動をしている」

という情報(ちなみにニュースソースは1つで、今の
ところ真偽は不明)があるとき、

相対主義に安住したい人は

「グリーンピースなんて、奇麗事を言ったところで
石油メジャーの代理人じゃん」と言っておしまい。
グリーンピースの活動を相対化したい人の目論見に
すっかり乗せられてるというわけです。

もうちょっとタフな人は、真偽を確認した上で、

「石油メジャーから金をもらおうが、原発なんか減らす
べきだよね。別にそれが理由でグリーンピースの活動を
批判する必要はない。
グリーンピースが、石油ほか化石燃料に対して異常に
甘い、というのであれば、そこを批判するのはアリだけど」

くらいまでは考えるんじゃないかな。主義主張の内容は
ともかく、何が自分の発言の根拠で、何が自分の考えで、
自分は何を発言し、どこまで責任を取るのか、ということに
自覚的だと思うのです。



私は、昔からネット上で議論することがよくあったんですが、
この手の薄甘い相対主義者が一番手に余ります。
賢しらぶって「こんな話もある」「あんな情報もある」
みたいに逃げていくのね。
真面目に議論する気がないんだから参ります。
自分の吐く言葉にも、自分が聞いたことにも、自分が考えたはずの
ことにも、何にも責任を持たないのです。
彼らにとっては、人生の多くは記号の羅列なんでしょう。
「マトリックス」的だよなー。
[PR]
by izagon | 2004-09-22 18:53 | 沈思黙考


<< 縮小均衡市場における寡占の利益? 不思議 >>