なんでもいいからカレー

「LEE」という、やたら辛いカレールウを使ってカレーを
作りました。
このルウのいいところは、やたら辛いので何を入れて
食べても味が分からなくなるところです。
これまで自分がやったことのない試みをするときも、
(少なくとも味の点では)失敗を気にする必要が
ありません。

今回は、余っていたカボチャを入れてみました。
煮崩れがちなじゃがいもと比べて、ほくほくした食感が
しっかり残るのと、独特の甘みがあって、おいしかったです。
[PR]
by izagon | 2004-03-28 22:25 | 自炊日記


<< 徒労感 イントロダクション >>