ふと、他人の期待に応えなかったことへの後悔

ふと、他人の期待に応えなかったことへの後悔がよぎりました。

まだ私が社会人になりたてだったころのことです。
ある土曜の夜、学生時代に家庭教師をしていた子の親から、
電話がきました。
「izagon先生じゃないとイヤだってうちの子が言うんです、
週に2回とは言いませんから、見てやってくれませんか」

今思えば、これほどまでに信頼されたら応えるのが当たり前
ですが、当時私は仕事のことで手一杯でした。
さっぱりと断ってしまったのでした・・・

あの子はあれからどうしたんだろう。少し後悔しています。
[PR]
by izagon | 2004-09-29 15:01 | 沈思黙考


<< 不動産過熱の予感? いやこれぁ参った >>