生産期

二十歳の頃に体育会バスケ部を辞めて以来、僕は長いこと
「読書耽溺生活」ともいうべき日々を送ってきたのですが、
そろそろ吐き出す時期が来たのかな、と思っています。
[PR]
by izagon | 2004-03-29 22:03 | 沈思黙考


<< 今日の晩ご飯 ここは一つ、見せ場を作っていた... >>