1年の合計

10月…ほろり

夏も終わり、はや10月。今年も残すところあと3ヶ月となりました。
今年はなんだか何にも無い年でしたね。ただただ仕事がイマイチで、
やたらとイライラしていたような気がします。
いまだ勝利なく、されどこれという敗北もなく...
ただゆっくりと歳をとっていくような気もします。

このWeblogでも何度か書きましたが、去年は本当に最悪な1年
でした。
春先に入院して扁桃腺を切り、夏前に体調を崩して1ヶ月休職、
秋に転職するも思惑違いがありました。
そして病んでいた祖父が亡くなりました。父の会社はひどい危機に
陥っており、両親の生活を守るためになんらかの犠牲を払う心の
準備をしたものでした。
この頃、僕は本当に(ことしはひどい年だ)と思っていました。いや、
それどころか、(これから先、僕の人生は坂道を転げ落ちるように
悪くなっていくのではないか)とさえ思いました。

...
あれは大晦日でした。帰省する途中、駅の階段を大きな荷物を抱えて
上るおばあさんがいました。私は荷物を持ってあげました。
たいしたことではなかったけれど、そのおばあさんの感謝の言葉を
聞いて、(ああ、こうしていい気持ちで今年を終えられるなら、それは
それでいい年だったと言えるじゃないか)と思えたのです。

今年に入って、祖父の100日供養をし、父の会社はなんとか持ち直し
ました。僕も会社に慣れてきました。
先にも書いたとおり、これといって勝利もなく、敗北もないこれまでの
9ヶ月でしたが、私は淡々と生きてます。
それなりにいいこともありましたし、つらいこともありました。けれど、
それなりに頑張っているって言えるので、いまのところ今年はいい
感じといっていいんじゃないかな。
[PR]
by izagon | 2004-10-03 18:25 | 沈思黙考


<< うーん、 『工場のしくみ』 >>