むっときたよアンタ

MSの最高経営責任者であるS.バルマーさんが、
「iPodのなかにある音楽で1番多いのは、盗まれたものだ」と
発言されたそうで。

むっときたよアンタ。
あたしゃiPodの最初のモデルを買って使い続けているけどさ、
盗んだ楽曲なんかひとつも入れてないよ!
正当に入手した音楽を正当な方法で聴いてるっつうの。
あんたんとこのOSのウソみたいな利益率のほうが、「盗む」
という表現がぴったりくるんじゃないの?

・・・最後のは完全に罵詈雑言ですなぁ。


まあ、私個人の音楽の嗜好と消費行動からすれば、いいがかりも
甚だしいのですが、実際、統計的に見たらどうなんでしょうね?
拾ってきたファイルばっかり集めている人間って、どれだけ
いるのかなあ?

最近日本の各レコード会社がコピーコントロール技術を止めて
ますけど、このへん本当のところどうなのか気になります。

本と同様に、消費しきれないほど新しいアーチスト、バンドが
次々とデビューし、どんどん蓄積されていくから、どのみち
利益は頭打ちになっていくのじゃないかと想像したりするの
ですよね。どんなにテクノロジーが発展して、音楽をいろいろな
方法・場所で楽しめるようになったとしても、本当に、音楽だけで
生きていける人ってのは(現在と同様)ごくわずかなんじゃ
なかろうか、とも。

そういう思いがあるので、私は「アーチストの利益を守るために、
コピーコントロールする」というレコード会社の言い分は信用して
いません。
[PR]
by izagon | 2004-10-05 12:38 | 日記


<< What a lucky ma... 張り合い >>