キャッシュフローの卵

先週、このWeblogを読んだ知人から
「俺もキャッシュフローの勉強したいんだけど、いい本ない?」
と訊かれました。

そんなことを初学者の私に訊く奴があるか!と軽く罵倒して
やったのですが、それで終わらせてしまったら、世に咲く花も
無いというものです。
そこで、別の探し物もあったので、週末、新宿の紀伊国屋に
出向き、いいキャッシュフローの入門書は無いか探してみました。

-会計についての基本的な知識が無い
-時間も金もかけるつもりは無い
-会計士になろうとか、会計系のシステムを作ろうとかいう
 つもりはなく、社会人の一般教養として「キャッシュフロー」
 という概念を理解したい

というのが、探す際の前提でした。

そうして見つけたのが表題の本です。
180ページほどの小著です。私はまだ100ページほどしか
読めていませんが、よくこなれていて、概論を理解するのに
適切な内容だと思います。
会計の基礎知識(簿記3級程度)がある方なら、2,3時間で
読みこなせるでしょうし、知識が無くても4,5時間で読めると
思います。
[PR]
by izagon | 2004-03-30 11:33 | 読書日記


<< デジタルカメラの進化の方向 金の亡者 >>