イチローについての雑感(2)

テレビ朝日のスポーツ番組に出てくる、元テレビ朝日の記者にして
「スポーツジャーナリスト」の義田氏、いてもいなくてもよくない
ですか?

彼はちょっと、イチローの世界に取り込まれすぎていると
思うのです。一方で、彼自身の見解であったり、コトバであったり、
文法であったり、ジャーナリストとしてのユニークさがあんまり
感じられないんですよね。あるのは、イチローとのコネだけの
ように見えます。しかも、すごく情けないタイプのコネ。
イチローが禅問答みたいなコトバばかり吐くのは、義田氏の
責任もあるのじゃないかとさえ、私は疑っています。

栗山氏のほうが、よっぽどプロのジャーナリストの仕事を
しているのではないでしょうか?
彼は、プロが語る身体操作に関する感覚的な言語を、素人に
分かるコトバに変換しようと努力しますし、彼自身が分からない
概念についてよく調べ、理解した上で言語化しようと誠実な
努力をしています。
義田君もちょっとは見習ってほしいものです。
[PR]
by izagon | 2004-10-10 08:05 | 沈思黙考


<< 『Monster』浦沢直樹著 イチローについての雑感 >>