5回もの勝負の機会を全て捨てたあとで

この間、高校時代の松井に対して5回敬遠したピッチャーが
メジャーリーグに挑戦している、というのをテレビで見たのですが、

どんなに負ける可能性があるにしても、当代最高のバッターとの、
5回もの勝負の機会を全て捨ててしまったプレーヤーに、
将来性があるとは私には思えないのですが...

彼はあのとき試合には勝ったけれど、得難い経験をする機会を、
ドブに捨ててしまったのではないでしょうか。
# 監督はそういう機会を捨てさせたという意味において最も罪深い。


もう彼も30歳でしょう?誰か止めてあげたほうがいい。
「お前には才能が無い」って。
「あったかもしれないけど、捨ててしまったんだ」って。
そういう苦い思いを胸にしながら、立派に生きることはできると
思うのですけど。


確か沢村栄治投手の言葉だったと思うのですが、
「勝負には必ず勝て。しかも、堂々とだ」

私は姑息な手段を使ってでも勝ちたいし、勝てなくても負けない
勝負をしようとする卑小な大人ですが、若い人にはそんな
やり方をさせたくはないです。

逆に、大人には
「せこくてもなんでも勝ちを拾え」、「負けないようにしろ」、と
言いますがね。
[PR]
by izagon | 2004-10-23 22:14 | 沈思黙考


<< ウッチャンナンチャンは終わったか こうなったら一場君は >>