ウッチャンナンチャンは終わったか

テレビ局アナウンサーとの不倫が発覚して以来、ウッチャンナンチャン、
とくにウッチャンこと内村光良氏のテレビ的失脚がいわれています。

やれ、特番の司会の仕事が無いだの、
テレビのレギュラーが一本しか無いだの、
秋からラジオが始まるがそれだけだ、だの。

そういうことを言うマスコミ諸氏は現代のお笑い芸人をどう分析して
いるのか目の前に座らせて小1時間問いつめたいですよ、ほんとに。
ウッチャンナンチャン、2年以内に復活します。間違いないです。
(ああ、また予言なんかしてしまった)


ウッチャンナンチャンのタレント生命を云々する輩に、聞いてみたい。
ウッチャンナンチャン(特にウッチャン)が、ずーっと長いこと
(『笑う犬』まで)コントを作ってきた、その蓄積をどう考えているのか。
『内村プロデュース』で若手・中堅をいじってきた、その蓄積を
どう考えているのか。
この時期にさらに「ラジオ」というコアなファンがいるメディアに
番組を持つということが、お笑い芸人にとってどれほど肥やしに
なるのか。
そもそも、いいおっさんの色恋沙汰を、面白い番組が見たいだけの
視聴者側が、それほど重視するものなのか。
ちょっとは考えてみたらどうなんすかね。

私として一番腹立たしいのが、「新レギュラー番組がラジオ1本だけ」
という言い草ですね。どれだけ多くのお笑い芸人が、ラジオ番組を
通じてチカラを付けてきたことか!今面白いお笑い芸人が、どれだけ
ラジオ番組で面白いしゃべりをしているか!
お笑い芸人を論じたければ、ちょっとはラジオも聴いて欲しいもんです。

TBSラジオの番組は、Webで一部聴けます。
『爆笑問題カーボーイ』
『伊集院光 深夜の馬鹿力』
『極楽とんぼの吠え魂』
ほかに、スピードワゴンのラジオでのしゃべりもいいですねえ。
[PR]
by izagon | 2004-10-23 23:31 | 沈思黙考


<< 女子アナは終わってる 5回もの勝負の機会を全て捨てたあとで >>