近い世代の男性アイドルについて思う

SMAPの木村拓哉について、最近、
「もったいぶってるけど、そこまで大した奴じゃないよなあ」
と思っている自分に気が付きました。

写真なんかで見ると確かにすごいかっこいいのですよ。
だから嫉妬しているだけなのかも知れません。

けれど、彼の仕事を見るとどうしても
(30過ぎの男の仕事としては、クォリティー低いよなあ)
と思うし、彼がインタビューなどでしゃべっているのを見ると
(大人の話し方じゃないよなあ)
と思わないではいられないのです。

稲垣吾郎についても、似たようなことを感じます。
MCをしている番組を見ていると、
(なんだか中身のないことを言うなあ)
と思うことしきりです。

香取慎吾、中井正広は「タレント」または「お笑い」の方面で
行こうという方針なのでぼろが出にくいとは思いますが、
やっぱり大差は無さそうですよね。

草彅剛は、SMAPの中では別格に大人になっていると
思います。残念ながらジャニーズ事務所は大人の演技者を
きちんとプロデュースする能力は無いようなので、この先が
心配ですけど...


10代、20代の頃って、問答無用で男性アイドルに対して
「男前だなあ」とか「コントとかもやってて頭の回転も良さそう
だなあ」とか「今の男は料理もできないとね」とか思って
いたのですが、
20代の後半にさしかかる頃から、むしろ彼らの幼稚さというか、
次の伸びしろの少なさが目につくようになってきました。

僕のアイドル、尊敬すべき人は、ふだんの生活の中で
出会う人になってきたような気がします。


こういう感想が、僕の人間としての成熟のたまものか、
あるいは嫉妬心のあらわれなのかは分かりませんけどね。
[PR]
by izagon | 2004-10-24 00:12 | 沈思黙考


<< メールマガジン第7号発行 女子アナは終わってる >>