中越地震についてのテレビ報道

2ちゃんねらの集合的意思の形成過程と、行動力ってすごいですね。
それに対して、テレビ報道のなんと自己完結的で閉鎖的であることか...

全国の有志の人たちにとって、今欲しい情報は
「被害状況がどんなものか空撮した録画映像」なんかではなく、

「被災者たちに何が必要なのかのリアルタイム情報」であり、
「ボランティアの参加方法」であり、
「被災地へ到達可能な交通ルート」であり、
「簡単な義援金の提供方法」です。

また、被災者にとっては、
「のべつまくなしに飛び続けるヘリコプターの爆音」なんかいらない。
「電池などの消耗品を買い占める取材クルー」なんかいらない。

「どうすれば食料の配給を得られるか」
「どこに行けばぐっすり眠れる避難所があるか」
「被災者を受け入れてくれる他地域の施設は無いか、そこに
行くにはどういう交通ルートがあるか」
そういう情報が必要なんじゃないですかね。

くっそー、
東京にいてのんべんだらりとしている自分が無念です。
とりあえず明日義援金を振り込んでこようっと。
[PR]
by izagon | 2004-10-28 22:26 | 沈思黙考


<< どこまでもはしっこい人 『静かなリーダーシップ』 >>