「報道のTBS」だっけ?

2004/10/30放送の『報道特集』、

ひっでえ内容だねえ!

まず、イラクに言った自分探しのお馬鹿さん関連。

早稲田大学のなんちゃらいう先生の言うことをそのまま流したのかも
しれないし、逆にTBSがなんちゃら先生の発言を適当に流用して
ストーリーを作ったのかも分からないけど、
とにかくひどい。偏向というか、状況についての知識や情報が少ない
人間がバイアスになっていて、視聴者をミスリードする可能性が
高すぎる。

いわく、

-アルジャジーラTVのHP経由でメールを送れば、あるいは連絡が
ザルカウィグループと連絡が取れたかも(語尾を濁すおなじみの
TBS手法がここで炸裂)。とりあえずここまでで既に失笑でしょう。
-ザルカウィグループのHPを自称している連中の、ファイルサーバが
日本にある。だから日本にいる日本人も誘拐に巻き込まれている。
 「知らないうちに加害者になってるかも」(!)

最後のコメント、本当にテレビで放送したんですよ!信じられない。
バカも休み休み言え、って感じです。「自称」のHPにファイルサーバを
提供していると、加害者になる、なんて筋が通らないことを言い
やがってくれちゃって。そんなわけないでしょ。
「自称」のほうはろくに検証もせず曖昧にしておいて、「加害者」という
強い言葉を使うなんてどうかしてる。TBSの判断能力を疑わないでは
おれません。

ザルカウィグループと、アルジャジーラ経由で連絡が取れたとして、
交渉可能な相手なのかどうなのか、考えてみなさいよ。
「メールを送れば」って...日本政府は既にアルジャジーラとコネを
作るくらいのことはしてるでしょ(だから家族のコメントだって放送
できたわけだしさ)。メールなんか送らなくたって、アルジャジーラ
経由で連絡を取る努力くらいしてるっつうの。

今回の『報道特集』で唯一意味がある情報は、あのお馬鹿さんが
「イスラエルに入国したあとイラクに入った」という事実を報道した
こと。
あり得ないバカですねえ。アラブ世界では、「ユダヤ語を話す外国人」
というだけで警戒されたり、差別されたりする。それくらいイスラエルは
嫌われている、って知らなかったんでしょうか
英語はしゃべれてもアラビア語はダメなようだし、彼は本当に
何も知らないで勝手に死地に赴いた、というのがはっきり分かる
報道でした。
ただ、田丸美寿々はそのへんきれいに無視しましたね。見識を
疑わないでおれない。


さーらーに。
その次の新潟中越地震報道。なんで早くもガスメーターの話になる?
被災各地で今何が起きていて、何が必要で、視聴者に何ができるか、
整理して報道してはくれないのですか?

っっもうさ、テレビには期待できないことはよーく分かっているのですが、
影響力のあるメディアがこれほど無能なことには腹が立つのを
抑えられません。
[PR]
by izagon | 2004-10-31 18:10 | 日記


<< 久しぶりに深夜にプログラム書いてます 『デフレのなぜ怖いのか』 >>