不思議

なぜ、いまだに日本のプロ野球は「メジャーリーグの大物選手」を
獲得しようとしたがるのでしょう?

日本の多くの投手、野手がアメリカに渡り、「技術そのもの」の
レベルの差というより、ストライクゾーンや道具としてのボールの
微妙な違いによって生じるギャップを埋めるのにたいへんな苦労を
していることを考えれば、
「メジャーリーグの大物選手」が日本に来たとき、日本プロ野球に
適応するために苦労することが大いにあり得ることなのは分かり
きっていませんかね?

そんな高い買い物をするくらいなら、いわゆる外国人選手の良さ
(パワーーだったり、ハングリーささったりするのでしょうが)を
持ちつつ、もっと安い選手を速い時期に獲得して、2軍でじっくり
日本野球に適応させて使ったほうが、効率的かつ有効なのでは
ないでしょうか。

なんでこれくらいのアイデアが出てこないのか不思議です。
[PR]
by izagon | 2004-11-04 12:11 | 沈思黙考


<< いよいよどん詰まり 『Q.E.D』 >>