すげえ、おめでとう

大学生の時にちょっと(ほんのちょっと)だけ縁があった後輩
(といっても相手は覚えてもいないでしょう)が、
ミュージシャンとしてプロデビューしたようです。

新人男性デュオ、『ブルーエイジオーケストラ』の、光永という
人です。
「川崎フロンターレの昇格祝いとして、彼らがセカンドシングル
としてカバーした『青春の影』を歌う」というニュースを見て、
(あれ?どこかで見た名前だなあ)と思ってgoogleってみたら、
やっぱり彼でした。

大学生になってすぐに「本格的に音楽をやる」という方向に
向かったという話は聞いていたのですが、まさかプロになった
とは・・・

年齢を見てみても、長い苦労の期間があったんだろうと思います。
夢を実現させた彼に敬意を払いたい。そしてこれからの、大舞台
での活躍を祈りたいと思います。
[PR]
by izagon | 2004-11-16 13:24 | 日記


<< たはは オーディオブログ >>