同僚にウソをつかれました

お試しで実装したある機能群について、同僚に
「ThreadLocalを使っている理由」を問われ、簡単に説明した
のですが、大して理解もしていない様子なのに、
「ThreadLocalを使うと、設計が変わってしまうので、やめろ」
という『指示』をくださいましたよ。

彼の言う「設計」がそれほど具体的なものじゃないことは
私は実はよく知っています。
単に「Thread」という名が付いているために心理的な不安に
陥ったらしい、というのは話し振りでわかっていました。
それはいいんだけど(実際、Threadは厄介だし)、「設計が
変わってしまう」なんていうくだらんウソをついて言い訳した
ことに深く失望しちゃいました。

ま、この会社のプロダクトに責任を持つつもりはないので、
言いなりになりました。ああアホくさ。
[PR]
by izagon | 2005-01-05 13:33 | 日記


<< ああ、また無為に一日が終わります 試される >>