朝日新聞さん、NHKの圧勝ですよ、このままじゃ

NHKが公開質問状 朝日も提訴前提に謝罪要求

今のところ、NHKのほうが圧倒的に優勢だと思います。

分かりやすいところで、インターネットの世界のはなしで言うと、
NHKのサイトのトップには、今回の問題に対する見解と、調査資料、
および公開質問状へのリンクが設けられています。
朝日新聞のほうはまとめていないですね。

NHKの提示している資料には、彼らが調査した事実関係(番組が企画
され、制作され、放送され、その後今回の問題に至るまで)の時系列の
まとめがあります。
朝日は、彼らの主張とNHKへの批判をだらだらと通常の記事と同様に
載せているだけです。
この時点で、現代の「情報戦」に完全に負けています。ネットで調べた
人は、NHKの言い分のほうが整理されていて、説得力があると思うでしょう。

あと、致命的なのは、朝日新聞がこれまでに積み重ねてきた(らしい)
不誠実な取材について、様々な人が同様の経験をしたと言い出している
のと、これまでのどうしようもない誤報、虚報が広く知られているということ
ですね。
古くは(といってもさほど古い話でもありませんが)珊瑚礁への「KY」事件
から、教科書の「侵略」報道、最近では中田の引退報道など、低レベルの
誤報、虚報が多いです。取材で知り得た事実の裏付け調査をそもそも
していないと思われるような、低レベルの誤報、虚報ばかりですよね
(珊瑚礁事件なんかそれ以下だし)。
さらに、NHKが名前を挙げている、今回の記事を担当した記者の本田氏は、
小林よしのり氏の漫画『ゴーマニズム宣言』で、左翼思想に偏向するばかり
で、事前の調査を怠った取材姿勢を厳しく批判されたことがある人として
知られています(そんな人について「長い取材経験がある信頼に足る記者」と
朝日新聞ご当人に言われても、信用なんか出来るわけがありません)。
以前どうしようもないミスをしたから、今回も朝日新聞がミスをしたと
決めつけるわけにはいきませんが、詳細な情報を提示しないでは、彼らが
ミスをしていない、虚偽報道ではないと考えるよりも、「またやったか」と
思わざるを得ませんね。

そもそも、「提訴もある」なんて言っている時点で、「取材して事実を報道する」
「事実にもとづいて世論を喚起する」べきマスコミの役割を自ら放棄したと
言わざるを得ないわけです。法廷に頼らなければ、事実を明らかにすることが
できないなら、報道機関は不要になってしまいます。全て法廷に任せれば
よろしい。
公開質問状に答えて、なおその上で名誉毀損があると言うのなら、まだ話が
分かるんですけどね。

朝日新聞には世間が見えている人はいないのでしょうか?
[PR]
by izagon | 2005-01-22 13:48 | 沈思黙考


<< 朝日新聞さん、NHKの圧勝です... 朝日新聞って... >>