日本の中道保守化/嫌韓・嫌中化

隣の席のKさんと政治的な話をしました。
NHK v.s. 朝日新聞、在日韓国人の都管理職問題などについて。

「自分は"右寄り"ではないと思うのだけど、朝日新聞や、左翼の活動家の
言動を見るにつけ、右寄りなのかな?と思うことが多くなった」
そうです。
私のコメントは、
「朝日新聞は"極左"だから、Kさんは"保守中道寄り"なんだよきっと」


話は韓国のいい加減さへ。

最近は嫌韓・嫌中関係の情報サイトも充実しているようで、彼もそういう
場所で情報を得たり、議論をながめたりしているとのこと。
私なぞは韓国がいかに適当な国か、10年前の訪韓経験で知っていた
ので(路地で日本のミュージシャンの不正コピーの音楽テープなんか
売ってたりしていた)、ようやくまともな情報が入ってくる時代になった
なあ、と思います。
とはいえ、僕には大学時代に知り合った在日韓国人の友人もいますし、
彼らが結果的に日本国内で差別を受けている状況も知っているので、
めったやたらに嫌韓・嫌中の言説をまきちらしたくは無いのです。一人
一人の人間に差別的に当たるようなことはしたくないです。

でも、合理的・論理的な根拠の無い反日団体や韓国政府の圧力に
対しては、きちんと厳しい態度を取るべきだとは強く思います。
[PR]
by izagon | 2005-01-27 13:51 | 沈思黙考


<< 旧態依然なんですね・・・ 小銭稼ぎ >>