そういうもんではないでしょう

白日の下に晒された藪の中。
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/hirakawadesu/diary/200501170000/

修正前/修正後を見せろ、という主張ですが、
それで分かるのは「修正があったか無かったか」であって、
「政治的圧力があったか無かったか」では無いのです。

制作のプロセス(企画から取材、編集、放送前の社内のプレビュー、
その後の編集まで含むプロセス)と、
二人の政治家に会って話をしたタイミングや、会話の内容を
明らかにしなければ、「政治的圧力の有無」は分かりません。

そして、プロセスの調査には、編集前後の内容を放送する
必要はありません。
してもいいですけど、大して役に立ちません。

それに、実はこの番組の取材から編集、放送にいたるプロセスは、
先行する裁判によってかなり明らかにされています。
(バウ・ネット・ジャパンというあやしい市民団体が裁判を起こして
一審で負け、上訴しています)

その裁判内容をあたれば、編集の前後の内容の差異はかなり
分かるわけです。しかも改変があったことについては、NHKは
否定しておらず、改変の内容についてもNHKと朝日新聞の間に
対立は無いのです。

そんなわけで、編集前後の番組を放送する必要は特別無いと
思います。
[PR]
by izagon | 2005-01-27 16:52 | 沈思黙考


<< 転職 旧態依然なんですね・・・ >>