あきれて物が言えない

筑紫哲也のニュース23、『多事争論』、
相変わらずダメですね。

外務省、小泉首相が「勧告を出しているのだからイラクに
入るのはやめてくれ」という発言を繰り返したのに対し、

・・・

馬鹿馬鹿しくて要約を書く気も失せました。
「ハワイに行くのが安全なのか、という話に広がります」
とか、筑紫さんは言ってましたっけ。
テロリズムが国際化しているのだから、どこでも危険だ、
ということを言いたいのでしょうが、
それは、ハワイに行ったって危険はありますよ。
もっというと、東南アジアなら、イスラム教徒の影響力も
強いですから、ハワイよりさらに危険でしょう。
この間はスペインで大規模なテロがありましたね。
でも、でもですよ。
ハワイやスペインに行くのと、イラクに行くのとで、
同じリスクだと言えるのですか?という話です。
さらに、日本だってテロのターゲットとして名指しされてます。
日本にいるのと、イラクに行くのとで、同じリスクだとでも
言うのでしょうか?

本当に、アホですねえ。誰か止めてあげてください。
あんまりアホをさらしては、かわいそうです、筑紫さんが。


ところで、
外務省、首相の発言のタイミングと、
イスラム教の聖職者団体のコメント(「小泉首相が
テロリスト呼ばわりしたから解放が遅れている」)からして、
人質は既に絶望的なのではないかという気がしてきました。

イスラム教の聖職者団体としては、仲介役として間に
入ったものの、影響力が及ぼせなかったことを糊塗したいし、
日本政府としては、政府として全力を尽くしたが、そもそも
被害者の方にも問題があると国民に思わせたい、
そういう思惑があるのではないかと思うのです。


冷酷なことを書いてしまっていますが、悲観的に見ておいた
ほうがいいときだと思います。
[PR]
by izagon | 2004-04-14 12:41 | 沈思黙考


<< 大丈夫か?うちの会社 『新版 起業に失敗しないための... >>