嫌煙家の私の妄想

今朝、横断歩道の信号待ちで、タバコをポイ捨てするおっさんを
見かけました。
非常に腹が立ったのでド突きまわしてやろうかと思ったのですが、
そんな根性は無いのでもちろんやっていません。

それにしても、火の付いたものをぽいと捨てて平気でいられる
神経というのはどういうことなのか。

昔、火事の原因の何パーセントかはポイ捨てされたタバコによる
失火だと聞いたことがあります。
・・・今の本当の統計数値を知りたいなあ。今度調べてみよう。

火事の原因になりうるとして、そのことを喫煙者が知っていたら、
彼・彼女の行為は(確率的ではあるが予測し得る因果であるなら)
放火に相当するとこじつけられないだろうか?

「ポイ捨ての予測しえる結果の中には、『火事』が含まれる」と
言うためには、統計的な裏づけが要りそうな気がしますね。

-タバコのポイ捨てが原因と見られる失火の件数
-年間に吸われるタバコの本数
-年間にポイ捨てされるタバコの本数
-タバコを吸う人の数
-ポイ捨てする人の数

このへんの数字が分かると、何か言ってもいいような気がして
きました。
今度調べてみようかな。
[PR]
by izagon | 2005-02-09 09:58 | 沈思黙考


<< まったくもって・・・ 「2ちゃんねら」 >>