DVD『シャーロック・ホームズの冒険』第14巻

「バスカビル家の犬」だったわけなんですよ。

原作が長編なので、映像のほうもそれなりに長くなっているのですが、
どうも説明不足の感が否めないですね。原作読んでないとたぶん
話が理解できません。いや、原作を読んだ私もかなり理解に苦しんだ...

といっても、映像作家の力量が足りない、というわけではないような
気もします。
よくよく考えると、ホームズものの長編作品って、手紙文の形式を
とったり、因縁を長々と語ったり、一人称で事件を叙述するような
方法で書かれているんですよね。
映像化しにくかったんじゃなかろうか、と思いました。
[PR]
by izagon | 2005-02-11 20:07 | 日記


<< 速読術? (撃沈)ありゃぁ。 >>