正当な経済活動、社会活動だと考えられます

堀江貴文社長のウソ

堀江氏の肩を持つ気はないのですが、ちょっと常軌を逸していると
思うので、トラックバックして、私の考えを述べさせていただきます。

公開で売買されている株式を正当な手段で入手し、議決権を取り、
業務上の提携を狙っていくのは別に不正な行為ではないです。
全くもって正当な経済活動、社会活動です。

ただ、
企業買収という「ビジネス」においては、買収した企業のリソースを
分解して、バラ売りするとか、さらに高値で売り飛ばす、ということも
考えられる戦略ですが、そういう意図を指して「敵対的」「社会的」と
言うことは可能かもしれません。なにしろ、動いている会社、ビジネスを
バラバラにしてしまうわけですからね。それがラジオ局のような、
社会的インフラとしての意味もあるビジネスであればなおのこと、
そういう倫理的な判断もできるでしょう。
しかし、ライブドア(の言い分)としては、自身の持つインターネットの
コンテンツビジネスと、地上波ラジオ局とをリンクさせて、新しい
ビジネスを創出しようとしているわけで、上記のような破壊的な
買収とは違うと言えそうです。

このケースの場合、フジテレビ側がおマヌケなだけですね。大株主の
寡占による上場廃止にもっていく、という脅しをかけてるのはフジテレビ
なわけですが、これを言い出した時点で一般投資家への影響を無視
していると批判されるべきなのはフジテレビです。

どうしても経営権を渡したくない、ライブドアと提携したくない、という
のであれば、さっさとライブドアなり村上ファンドなりから株を買えば
よろしい。そのための資金の手当ぐらいはできるでしょう?


 また、本題とはそれますが、「ウソ」と「うそぶく」は違います。「北朝鮮」の
伏せ字も意味が無くて、浅知恵な感じがします。
上記2点、言葉遣いに注意したほうがいいと思います。
まあ、ブログは言いっぱなしが事実上許されている世界ですけどもね。



元記事の著者の方から「読み違えている」というコメントをいただいたので、
読み直してみました。
ははあ、確かに、途中からひっくり返して、「フジ批判」をしているんですね。
「フジテレビの敵対行動を認めるような発言をしたらイカン」、と。
再読して分かりました。確かに誤解していますね。失礼しました。

ただ、
「フジテレビが悪い」ことをはっきり書いている部分が無く(よく読むと
「敵対行為」の主体が「フジテレビ」だと分かるんですが)、「そういう敵対
行為」を認める堀江氏がウソをついている、うそぶいている、というふうに
書くのは、なんだか倒錯している気がしました。
また、
ある記事へのトラックバックをしようとしたら、その人のブログの全カテゴリ、
全記事を読まないと本来の意図が分からない、というのは困ったことだと
思います。もうちょっと分かりやすい文章を書いていただけたらと思いました。
もちろん、私が自分の軽率さを反省するのが先ですけどね。

あと、やっぱり、「ウソ」と「うそぶく」は意味が違います。「北朝鮮」の伏せ字も
文面、画面が下品になるだけだと思います。

これらの点はご一考いただければと思いました。
[PR]
by izagon | 2005-02-11 22:22 | 沈思黙考


<< 日本ラグビー協会もよくないでしょう 速読術? >>