日本ラグビー協会もよくないでしょう

NHK>ラグビー選手権 中止から一転、生放送

日本ラグビー協会については、スポーツ雑誌『Number』が批判的な記事を
何度か載せていたような気がします。
代表チームの強化方針や、普及策の弱さなどを指していたような気がします。

朝日新聞がらみ、という見方も当然あるでしょう。実際、NHKにそういう意図も
あったかもしれません。
けれども、共催に関する契約条項に違反していた時点で、ラグビー協会の側も
批判されてしかるべきでしょう。メディア戦略や、契約問題などについて、
甘い点があると言われてもしかたがありません。

Jリーグの発足にあたって、関係者が権利関係、契約関係についてかなり
しっかりした検討をしているのを考えると、協会のレベルではラグビーはサッカー
より10年以上遅れているのかも知れませんね。


あと、この毎日新聞の記事では、「視聴者からの意見」によって放送をすることに
した、としていますが、どこかのテレビ局のスポットニュースでは「ラグビー協会が
過ちを認めて謝罪したため」と報じていました。
おそらく両方なんでしょう。
両方に言及しないと、アンフェアなんじゃないでしょうか。
[PR]
by izagon | 2005-02-12 12:31 | 沈思黙考


<< 予感 正当な経済活動、社会活動だと考... >>