テレビはミスリードしていませんかね???

ホリエモン攻め続ける「買えるだけ買う」

この件について、テレビメディアはちょっとミスリードしているんじゃないかと
思うことがあります。新聞社、通信社は慎重なようですが(というよりも、
判断を保留しているような気もします)。

ミスリードの例として、すぐに思いつくのは2点。

-森元首相の発言。「『金さえあれば』という考え方をする人が出てきたのは、
近年の教育のせいではないか」という趣旨のコメントが引用されていますが、
これをもってライブドア、堀江氏への批判とするのはちょっと変です。
森氏は以前から教育問題について、道徳面、倫理面について見直しを
するべき、というようなことをずっと発言しています。そこから考えれば、
おそらく彼の年来の主張を繰り返すにあたり、都合が良さそうな時事ネタを
スピーチに組み入れただけ、というのが真相ではないでしょうか?森氏が
本件についてきちんとした情報と、十分な知識を持っているとは思えないのです。
もちろん、ニュースでは彼の発言のごくごく一部が引用されているようなので、
本当のところはどうだか分かりませんが。

-「ライブドアの株価が連続N日間下落している」という報道は、非常にオカシイ。
チャートを見ると2秒で分かります。確かに、連続で下げていますが、
ここ数年のチャートの中で見る限り、今回の件で突出して下げているわけでは
ないのです。西武鉄道株の不祥事のときのような下げ方ではないのです。
このへんは明らかにおかしい。テレビなどはわざとやっているとしか思えません。

ちょっと変かな?と思うのですが、私の知識、情報不足で判断できていない件が
一点。

-リーマン・ブラザーズ証券が、ライブドアから借りた株をカラ売りした、というのを
報じて、「ライブドアも外資の冷酷な合理主義に操られている」というような
見解をにおわせる向きがありました(どの放送/新聞だったか忘れましたが)。
...これは「???」という感じです。「株価が下がりそうだから、カラ売りして稼げるぞ」
という判断と、「この会社はもうダメだから、株は売り払って現金化しよう」という
判断とは、別のものなのじゃないかな、と思うのです。リーマン・ブラザーズが、
実際に株を持っていて、その株を売った、というのであれば、「投資先を見限った」
と言っていいと思うのですが、「カラ売り」ではそんなことまでは言えないのでは
ないでしょうか。もしそういうことが言えるのであれば、「為替の証拠金取引
で円を売ってる人は、円を見捨ててる」とさえ言えてしまうことになるわけで、
そりゃやっぱり変じゃないですか?リーマン・ブラザーズは、証券会社であって、
ベンチャー企業のエンジェルではないのです。自社取引で稼ぎたい、という
動機も当然あるでしょう。それをもってライブドアとの関係を云々するのは、
間違った推測ではないかと思います。


きちんとした経済記者がきちんと報道すれば、もうちょっと違う話になりそうだな、
と思うわけです。
まあ、経済記者もあんまりアテにならないなあ、と思うことも多々あるわけなん
ですけど。日経系の雑誌の記事なんかでも、時々ヒドいのがありますよねえ。
(ド素人が、適当なこと言ってるんじゃないよ!)と思うことも少なくないのですが、
また別の話なのでこのへんで。
[PR]
by izagon | 2005-02-20 16:43 | 沈思黙考


<< 欝/頭痛 H君をやっつけてしまった・・・... >>