ちょっとだけ佐野元春について考える

文句のつけようがない(つけられるのかもしれないけど)代表曲があって、
ミュージシャンとしてのブランドが完成している、
そんな佐野元春だからこその道を行こうとしているなあ、
と、彼のWebサイトを見ていると思うんです。

まだちょっとまとまらないなあ。
音楽業界の今後を考え、見通そうと考えたら、彼の活動は重要な研究
素材だと思うんですよね。
[PR]
by izagon | 2005-02-24 17:30 | 沈思黙考


<< インターネットラジオ 『考具』読んで考えた >>