表面的にはすれ違いですが


首相、再開期日言えない ライス長官と会談


言葉のやりとりの上ではすれ違いのようですが、内政的には日本政府は
全頭検査を基準にすることをやめようとしているようですから、裏では
「まあ、このへんで」という話をしているのではないでしょうか。

『もう牛を食べても安心か』という本を最近読んだのですが、これが
なかなかスゴい。狂牛病って、まだ発病のメカニズムがきちんと
分かっているわけではないんですね(「プリオン」も、実は「有力な仮説」
に過ぎないというのですよ)。
さらに、いまのところ感染が発生した場合の警戒態勢も十分と言えず
(特にアメリカは、検査体制が大甘で話にならない)、感染源や感染経路を
まったく特定できないまま、アウトブレイクする危険があると言うじゃ
ありませんか。

去年見たテレビ番組によれば、アメリカの中規模の精肉会社が、日本
並の検査体制を自社で作った上で、特別に日本に輸出する、という
方策を考えたものの、米農務省の横やりで輸出できなくなったそうです。

『もう牛』によれば、1頭の牛の検査にかかる費用はおよそ2500円。
100グラムあたりにすると1円もしないとか。

アメリカでは数千万頭の牛が飼育されているそうですから、たかが
2500円とは言えないのでしょうけど、致死性の感染症を拡散させる
危険をこれほどまで軽視するというのは、許されることだとは思えません。

そうはいっても、残念ながら輸入再開の流れを止めることはできない
ように思います。吉野屋などから宣伝費をもらっているテレビは、狂牛病の
危険をきちんと放送できないでしょう。世論を喚起するなどあり得ない。

私は、アメリカの牛肉が輸入再開されても、アメリカ産は食べないように
するつもりでいます。オーストラリアか、国産でいこうと思っています。
でも、そうした個人的な対策などたかがしれている。
せいぜい、感染しないで済むことを祈りたいと思います。
[PR]
by izagon | 2005-03-21 21:15 | 沈思黙考


<< 寝る前だというのに メールマガジン第14号、とりあ... >>