『投資情報のカラクリ』山本一郎著

株式の世界で言う「テーマ」(株価的に有望そうな業界や業態、
ビジネス分野)、バイオだの不動産投資信託だの、そういう株式情報誌
やら証券会社のレポートやら、イカガワしいメディアでもてはやされる
「情報」をバッサリと斬っています。

著者は文体がたいへん特徴的な人で、最初はとっつきにくいのですが、
慣れるとその独特な調子がクセになります。
[PR]
by izagon | 2005-03-28 22:18 | 読書日記


<< くたくた 撃沈。僕はマインドセットのコペ... >>