残念

日本振興銀行、

毀誉褒貶はあるでしょうが、私は「面白そうな銀行だ」と思います。

一時期、木村剛氏の本を読み込んだ時期があります。
なかなか熱い文章で、日本経済に対する憂慮が感じられました。

その後、木村氏のポール・クルーグマン批判(「インフレターゲット論
批判」というべきか)がなんだか的外れなのを知って、私の中で評価を
下げたのですが、それでもこの銀行の狙いは、興味深いですし、
応援したいなとも思います。

そこで、この銀行に預金口座を作ろうかと思ったのですが、
100万円からなんですね・・・
手持ちの株を売ってしまえば調達できますが、そこまでは・・・

残念。
[PR]
by izagon | 2004-04-21 17:55 | 日記


<< 今日の朝食とお弁当 迷い >>