株式投資

オンライン証券会社の登場などによって、株式投資が一般化したと
いわれています。

一方で、「年収300万円」なんて言葉が流行したりもしていますね。

この2者の間に矛盾があるような気がするのは、僕だけでしょうか?

会計を多少は学んだので、給料が費用であるのに対して株主への
還元が利益処分であることは分かっています。
また、株式の取引のしかたによっては、下げ相場でも儲けることが
できることも知っています。

しかし、「年収300万円」の世界で株式投資をする、というのは、
なんだか沈没する船の中で、はしごや階段を上っているような
印象を抱いてしまうのです。
この感覚を無視できないと、もしかしたら株式投資で儲けるなんて
無理なのかも知れませんね。
[PR]
by izagon | 2005-04-21 12:10 | 沈思黙考


<< 韓国って、すごいねぇ... 秋葉原詣で >>