田中真紀子の賞味期限

私などは、この人は政治家としてはもう終わっているのじゃないかと
思うのです。

小泉政権入閣以前から、(この人は毒舌はあるけど、組織の指揮を
とって、実際の仕事をすることができないな)と思っていたのですが、
外務大臣時代のあまりにみっともない仕事っぷりが、この予測を
完全に裏付けたのではないでしょうか。

あとは、週刊文春の(文字通り)食い物にされるだけなんじゃなかろうかと
思います。
それも哀れな話だし、文春もそんなつまらないことをしなくてもいいん
じゃないの?とは思いますがね(なんだか私怨っぽくなってますし)。

政治メディアでは、いまだに真紀子新党だなんだという話も散見され
ますが、議席数も社会党並みになるでしょうし、大した影響力も出せ
ないでしょう。意味が無いからやめてほしいです。


もうこのWeblogで田中真紀子の名前は書かないことにします。
彼女のことを考えていても、全然面白くなりませんから。
[PR]
by izagon | 2004-04-23 15:07 | 沈思黙考


<< 『趣都の誕生』 納得したことと納得できないこと >>