天安門の毛沢東


「血で汚れたA級戦犯」 中国、首相靖国参拝を批判


天安門に掲げられている毛沢東のことは、どういうふうに考えればいいんでしょうかね?
負けず劣らず血で汚れているはずですが・・・

ベトナムとの紛争なんてのもありましたねえ。
現在の政権にしたところで、チベットを侵略しているわけで、相当に血まみれですね。
中華人民共和国60年の歴史は血まみれではないんでしょうか?
(中華ウン千年の歴史なんていったらその血の流れ方といったら普通じゃありません)


言うまでもありませんが、大日本帝国以来の日本の歴史、神武天皇以来
(※といっても僕は右翼ではないです)2700年の歴史も、やっぱり血まみれです。

自国民であれ他国民であれ、血を流していない国のほうが少ないと考えるのが
妥当なので、中国の「血まみれだ」なんていう妙に詩的な表現はバカにして
あげるのがいいのじゃないでしょうか。

こんな扇情的な言い方に乗せられて青ざめるお子様やおばさまがいるのであれば、
これは難儀なことです。どうしたもんでしょうかね?
[PR]
by izagon | 2005-05-18 12:34 | 沈思黙考


<< まぐまぐの新サービス 生姜焼きとうどん >>