これは職業差別ではなくて

韓国の漁船の傍若無人っぷりは言語道断なので、いったん横に置くとして。

テレビ朝日の、プロレスアナウンサーあがりの古館君ごときに説教されないと
いけない理由はなんなんでしょう。僕らはいったいなんなんだ?
古館君の見識が、一般の人間を上回っているとは到底思えないのですが。


今日の放送で救いがあるとしたら、九州の漁港に行って、一般の漁協が
韓国漁船の無法をきちんと取り上げたことです。あの映像を撮り、全国放送に
乗せた人間はえらい。ちゃんと仕事をしました。
国際法的な根拠もちゃんと専門家に語らせていました。いい映像でしたよ。

しかし、スタジオの元プロレスアナウンサーと、朝日新聞OBの寝ぼけっぷりは
一体なんなんですかね?
この問題は、歴史問題云々ではなくて、たんに
「韓国の漁船が泥棒を働いている」
というだけの話なんだとなぜ喝破できないのか。

外交問題と関連付ければ賢く見えると思っているのなら、思い違いも
甚だしいですよ。

「プロレスアナウンサー」という職業をバカにするのではありません。
古館君、君はプロレスアナウンサーはたぶん今もできるが、ニュースキャスターは
できません。もっと勉強しなさい。頼むから。
[PR]
by izagon | 2005-06-02 22:30 | 沈思黙考


<< 集中力崩壊 世間は狭いとは言うけれど >>