議論ではなく質問でもなくクチ喧嘩

古館伊知郎は嫌いですが、報道ステーションはVTRがいいですねえ。

今日は石原都知事の記者会見。
都知事は、冒頭で記者たちに向かい「何も知らない毎日新聞が『辞めろ』とか
言ってるが、辞めませんよ私は」といきなりかます。
質疑にうつったところで毎日新聞記者が質問。
「先ほど『何も知らない』と言われた毎日新聞記者ですが...」
「何も知らないわけではない。都知事が知らないことも知っています」
(ここで僕は失笑してしまいました。でも都知事は新聞記者の君が
 知らないことも知ってるんだよ?子供の喧嘩じゃないんだから...)

「議論はしない。質問に答えて下さい」という記者だが、
あまりに下らない質問に、都知事は「ブンヤ」呼ばわり。

記者は「ブンヤではない」とこたえる。
「ほう、では何様だい?」という問いかけに、「新聞記者です」と応じる。
さらに都知事、「それをブンヤと言うんだよ」だって。

石原都知事が短気をさらし、毎日新聞記者が恥をさらした場面でした。
いろいろな見方があるでしょうが、私は
「石原慎太郎の挑発に軽々と乗ってしまうのって、どうなんだろう?」
と思いました。


(補足)
実際、この毎日新聞記者氏の質問は下らなかった。
「副知事をどうあっても守る、とは考えなかったのか?」
だって。
好き嫌いの話じゃないんだから...
[PR]
by izagon | 2005-06-03 22:34 | 日記


<< 朝鮮日報 集中力崩壊 >>