兄弟喧嘩

とっちゃん坊やみたいな兄貴と、変な顔した弟が喧嘩しているようですね。

ま、変にぼやかすのもしょーもない話なので、若貴兄弟喧嘩のことだと
はっきりさせておきましょうか。

どうもですね、この問題について、「どちらかの味方につく」という話をしないのが
品位ある人間としての態度なんじゃないかと思ったりするのです。

相撲界という、ちょっと普通ではない世界で起きたことですから、誰の発言も
普通の倫理では測り難いウラの事情があるように思えます。

誰某は隠し子を作っておきながら弟子に押し付けたとか、
親方株には何億の価値があるとか、
「家政婦は見た」とか、
一般社会の常識からしたら異常なことばかりですよ。この異常な世界で
喧嘩している以上、どちらに味方するにしてもその異常な世界の論理に
加担しなければなりません。
普通の人間であれば、異常な世界の論理からは距離を置いておくのが
良いというものです。

結論としては、
-兄弟といえ大人になれば他人は他人
-遺産があるときはきちんと法的に手続きしてから死にましょう
ということに尽きるのじゃないでしょうか。


それにしても、貴乃花って変な顔になりましたよね?
なんだか狂気というか、別の種の生命が持つ違和感というか、
そんな不気味さを感じます。なんだかハ虫類を見ているような印象を
持つのですが、私だけでしょうか。
[PR]
by izagon | 2005-06-19 12:15 | 沈思黙考


<< いじめ云々よりも、武器の管理の... 牽強付会もはなはだしい >>