いじめ云々よりも、武器の管理の問題は?


韓国兵が手りゅう弾投げて銃乱射、同僚兵士ら8人死亡


まったくもって驚くべきニュースです。
ただ、集団、とくに男ばかり、上下関係の明瞭な集団であれば、程度の差こそあれ
信じられないようなストレスが生まれ得ます。そのことは別段不思議ではない。
それより、手榴弾や実弾をこの兵士が持っていたことに驚愕しないでおれません。

いや、そこに驚くのは日本の感覚なのかもしれませんね。
自衛隊では、実弾を使う演習の際には支給された弾薬の数、そのうち発砲した数を
厳しく管理すると聞いたことがあったので、「韓国では実弾の管理が相当にいい加減
なのではないか?」と思ったのです。ですが、韓国の場合、ことにソウルの場合、
間近に仮想敵国があります。兵士たちは普段から実弾を持っているのでしょう...多分。
[PR]
by izagon | 2005-06-19 18:52 | 沈思黙考


<< く、暗い 兄弟喧嘩 >>