最近の漫画

風呂につかりながら、ぼんやり漫画『デスノート』について考えていて、
最近の漫画は、「独自の『ルール』を強制される世界」がやたらと出てくるなー、
と思いました。いや、単なる思い付きですけど。

で、その「ルール」がかなりワガママだな、と。これも思い付きですけど。

デスノートでは、「ライトがLに勝った」というより、Lがルールを完全に
理解する前にライトがズル勝ちしたというべきだし。
「Lの本名を誰も知らない」というだけではハンデとしては差がありすぎ。
また、
(ちょっと古いけど)『寄生獣』でも「ミギーたちが何者なのか」という
ルールにまつわる合理的な説明はなされていません。
『ベルセルク』もやたらに理不尽。そんなのありか?って感じ。

運命であったり神であったり、そういう絶対的なものに挑む人間の姿に
ドラマを見いだすこと自体は、古典的なアプローチなのだと思います。
ですが、「誰もが知っているルールの中で、そのルールから飛び出す
ような主人公/必殺技が出てくる」のが漫画なのではなかったのか?
とかちょっと思ってしまいます。

「大人向けの漫画」としては、それでは成り立たないということなので
しょうか。
[PR]
by izagon | 2005-07-19 00:52 | 沈思黙考


<< この漫画で脱力 昨夜私が激怒した問題について >>