そこはかとなく漂う小物感


杉田の夫、愛人報道の写真誌告訴へ


大財閥の係累でお金持ち、女優を妻にして・・・というあたりまでは
「へえ、こんなお金持ち的な奴が、まだ日本にいたのだねぇ」と
感心していたのですが、いざ離婚となったら写真週刊誌を訴えると
いうのでは、なんだか感心して損をした気分です。これじゃ普通の
おっさんと変わらないじゃないか。

お金持ちなら、どーんと「まあ、なんとでも言うがいいさ」と構えて
いてほしいもんです。


まあ、私の「金持ち」に対するイメージの話なんですけどね。
[PR]
by izagon | 2005-08-03 12:08 | 沈思黙考


<< これはやっぱりすごいのだろう ぬーん >>