書店巡りで思ったこと(2)

今日、神田の三省堂書店に行ったのですが、
ここでも満足できませんでした。

先日、紀伊国屋書店に対する不満を述べましたが、
私は考え違いをしていました。

結局、この世にはあまりに多くの書籍があり、人それぞれの
嗜好や関心もまた多岐にわたります。
一方、書店が物理的な存在であり、また経済的な活動主体
であって種々の制約下で活動している以上、そうした多岐に
わたる関心に完全に応えられるだけの、大量の書籍を用意
することは不可能ということになります。

書店は各店舗それぞれの制約下で、最前を尽くしている、
というふうに見るしかないでしょうね。
[PR]
by izagon | 2004-04-30 17:18 | 沈思黙考


<< 書店巡りで思ったこと(3) 書店巡りで思ったこと >>