傍目八目または対岸の火事


「巨人・星野監督」で関空パニック!300人超、無言の突破


どうも、この「巨人・星野」という人事に賛成の人というのは、巨人ファンでは
ないように思うのですが、いかがでしょうか?

また、
星野氏一人に、巨人の建て直し、ひいてはプロ野球界の建て直しを期待する
というのは、ちょっと異常だと思いますが、いかがでしょうか?


まあ、他の方が誰にどんな期待をかけようが勝手ではありますが、
まず、先年、星野氏が監督としてやったことを思い出して、それと同じか
似たことを、巨人でやったらどうなるか、そもそも実現可能なのか、きちんと
考えてみてほしいです。

星野氏がやったことですが、私は詳しくは存じませんが、報道を見た限りでは
こんな感じだったかと思います。

-戦力外の選手を思い切って解雇
-外部から選手を招聘
-コーチ陣に自身の身内を採用
-外国人選手の選択に自身のコネクションを利用


これと同じことを巨人でやったら?
・・・えーと、巨人は本当に抜け殻みたいになりませんかね?
いや、自ら「私たちは本当に無能です」と宣言するようなものです。
まあ、傍目から見るかぎり、彼らはとっても無能ですけど。

おそらく内部からの抵抗はすさまじいでしょう。
口ばかりやかましい(いい加減なことばかり言うクセに発言機会だけは
余計に持っている)OB連の批判もかまびすしいことでしょうね。

もちろん、どれも必要な作業ではあります。高価なばかりで使えない
選手は切り捨てるべきです。必要な選手を外部から取るべきでしょう。
コーチも、巨人OBというくだらない基準は捨てなければダメです
(だって、たいがい無能だもの)。外国人選手の選び方では毎年失敗を
しているわけで、これも改善の余地は多いにあるでしょう。

しかし、それを外部から招聘した人に一任して実施することに、
意味があるのかというとどうも疑問です。巨人内部で、この改革に
責任を取り、星野氏以降も継続させるという、そんな人が出ないと、
すぐに元の木阿弥でしょう。


次に、
プロ野球全体の改革をも星野氏に、・・・という見解についてですが、
これは大いに眉唾です。星野氏は基本的に「勝つこと」が人気に
つながると考えている人です。近年の評論家活動の中でまた見解を
変えているとは思いますが、プロ野球人気を盛り上げるための活動、
ということでいえば未知数と言わざるを得ません。

また、上記のような巨人のチームの改革を行ったら、清原のような
選手は解雇されるでしょう。「4番バッターばかりだが派手なチーム」では
なくなるでしょう。エース級のピッチャーは、メジャーへの挑戦を公言する
ようになるでしょう。
現在の人気の源泉を、いちどひっくり返すことにもなるのです。
もしかしたら、「有力選手のメジャー挑戦」への道を大きく開くきっかけを、
星野氏の改革はもたらすかも知れません。



傍目で見ているかぎり、こういう変化が起きるのは面白いので、
ぜひやって欲しいのですけど、

なかなか起きないでしょうなあ。
[PR]
by izagon | 2005-08-26 12:53 | 沈思黙考


<< 日本の報道機関は、もうちょっと... ネタ詰まり >>