死に体になってますが、どうするんだろう?


<郵政民営化>野田聖子氏、賛成へ 「国民の声と理解」


選挙直後に意見を変え、自身が支部長をつとめる支部を解体する、と。
野田さんはすっかり死に体になってると思うのですが、これで今後は
何をするつもりなんだろう?
与党の持つ強力な機構を利用できなくなることを恐れたのでしょうが、
こうなってしまったら、除名されずに党に残ったとしても、党内でも
マスコミでも発言力・影響力は無くなるのじゃないでしょうか。

国会の議事進行係をつとめたころは、
「日本初の女性総理候補」
なんてことも言われたものでしたが、その芽も摘んでしまったのでは?
いったん野に下ることもまで覚悟して、郵政民営化反対、あるいは
現法案への反対と修正を主張し続けていれば、また陽の目を見ることも
あるでしょうに・・・

同じ負けでも、小泉純一郎が橋本龍太郎に総裁選で負けたのとは
かなり意味が違いますよね。

負けてからが問題なのだと、勝ち組でない私は思ったのであります。
[PR]
by izagon | 2005-10-13 11:56 | 沈思黙考


<< よさげな電子工作キット発見 なんだ、結局ビデオですか >>