『図解雑学 重力と一般相対性理論』

さっぱり分かりませんでした。
たとえ話のレベルで止まってしまいます。
何度勉強しても分からんもんは分からん、ということなのでしょうか?

私は、アインシュタインの相対性理論と、ゲーデルの不完全性定理に
ついて、一生のうちのどこかの時点で、「おお、こういうことか!」という
ふうに思えればいいな、と思っているのです。

高校生のときに物理と数学と英語の勉強を止めてしまったのが
悔やまれます。
[PR]
by izagon | 2004-05-05 00:46 | 読書日記


<< 『日本型ポピュリズム』 帰省しました >>