衣装選び

今日は彼女の結婚式の衣装選びに同行しました。

試着室の戸が開くたびに、衣装に関するコメントを要求されるわけです。

僕はそんな衣装を着たことはありませんし(当たり前だ)、着せたこともありません
(無論、今回がはじめてです)。これまでに結婚式・披露宴の類に出席したことが
あるので、そんな衣装を着た女性を見たことはあります。が、彼女らについては
(当然のことながら)身長・体重ほか体型に関するデータを持ち合わせていないので、
比較した上で眼前の彼女の姿について的確に論評することは、ほぼ不可能です。

さらに悪いことに、私は近年記憶力の減退に悩んでおり(かつて記憶力が
良かったことさえ忘れてしまうほどです)、先週末に見せられた写真のイメージを
思い浮かべることができません。

記憶の彼方から、えっちらおっちらと先週末の写真のイメージを必死に掘り起こし
つつ、ポーカーフェースで
「いいんじゃない」とか
「前のやつのほうがゴージャスだった」とか、
それっぽく聞こえるコメントを連発してみるほかありません。

私の視点からすると、ほんの一時間ほどの間に、非常にホットにしてデリケートな
問題が、高い緊張感のもとに展開されていたのでした。

# まあ、合間には本を読んでましたけど。

今こうして自宅に帰り、呑気にブログに記事を書いていられるのは、ひとえに
式場の衣装選び担当の方のおかげです。
何着目かの試着の合間に、「的確な感想を言ってくれる方ですね」というナイス
フォローを入れてくれたのです。この方のいる方向には足を向けて寝られません。

ただ、その後
「今までのお客様の中では、『え?着替えたの?』なんて言う方もいましたよー」
などと、先ほどのフォローを台無しにするネタをぶつけてくれたので、足を向けて
寝られるわけですが。

# さすがの私もそこまでトンマではないので、比べられるのは・・・。


そんなわけで、衣装選びは難航中。まだ時間はあるので、別に急いでもらう
必要も無いですから、のんびりやっていただこうと思っております。

# できれば僕に決断をさせないでいただきたい、と思っているのは
# あなたと私の秘密ですから、他言してはいけない。
[PR]
by izagon | 2005-10-23 22:51 | 日記


<< さらば微妙な人 オタクにしても秋葉系にしても >>