世代間闘争か地域間闘争かはたまた


<高齢社会調査>負担増でも社会保障維持が66% 内閣府


現在の老人世代、中年働き盛り世代、若年世代で、
世代間闘争がはじまるのか、
都市と地方の地域間闘争となるのか、
あるいは高所得層と低所得層の紛争になるのか。

自民党の超・大勝というマグレ当たりというか民主党自滅というか
野党を目指す共産党はワケが分からんとか社民党はいいから
もう解散しろとかそういう選挙の結果、こういうややこしい争いの
タネになる問題がしれっと世間の皆様の前に提出されるように
なったのは非常に喜ばしいことじゃないかと思う次第。

自民党と行政は、力技が使える今、増税の方向でもろもろ手を打って
くるでしょう。
民主党ほか野党の皆さんは気合いを入れてチェックしていただきたい。
行政の情報を明らかにするのに、国会が最高の場所なのは
間違いないのですから。

その結果、親と子(の世代同士)で罵り合ったり、都会と田舎でグチを
いいあったり、金持ちと貧乏人が殴りあったりするのもやむを得ないよね。
気が付いたら、社会保障がまったくありませんでした、という夢オチよりも
はるかにマシというものです。
[PR]
by izagon | 2005-10-25 12:24 | 沈思黙考


<< 最近思うこと(寄付したいなあ) ややまったり物欲番長 >>