株価の評価


「目先の株価に一喜一憂しない」



8000円を切った時に株を買った人は喜ぶだろう=小泉首相


小泉首相は質問に答えて「8000円を切った時に株を買った人は喜ぶだろう」という
程度の表現で、抑制がきいていますが、安倍氏はちょっとうかれていやしないかと
感じます。
株価はしょせん経済の指標の一つでしかないし、値段としても振り出しに戻った
だけ、という言い方が妥当な気がしますし。
ちょっと軽率だと思いました。

小泉首相の言動を揶揄して「ワンワード・ポリティクス」という表現をするむきが
ありますが、その抑制が優れたリーダーの資質を示していると言わざるを得ない
ときもあるのじゃないかと思います。
[PR]
by izagon | 2005-11-04 16:33 | 沈思黙考


<< 韓国はMSにとっていい客では無... 塊魂についての分析 >>